back

デジタルハリウッド卒業作品。1部、友人が出演しているため、その部分は再編集している。
デジハリで実写合成を専攻したのは、CGを用いることで日常の風景の中に、非日常をリアルに持ち込むことが
できると感じたから。それがこの作品の原点。
クオリティとしては低すぎる。シーンに余裕がなく、バタバタと場面が展開し、落ち着きがない。
間の取り方や最終イメージをもっと明確にし、撮影しないといけないなど、多くのことを学んだ記念すべき作品。

This video is my graduation work of Digital Hollywood. It is partly reedited because my friend appeared on it. 
I thought that we could depict extraordinary scene realistically by use of CG. That’s why I majored in computer graphics and the origin (starting point)
of this work.
The quality of this image is low due to busy scene development (deployment). This work is memorable to me. From this production I’ve learnt a lot;
clarifying (clear up) the ultimate goal, taking pauses between scenes and so on.